記事一覧

おはようございます



皆さん

おはようございます

今日も頑張りましょう

日曜日に車が壊れて

帰れずに鈴鹿サーキットに車を置かせていただきました。

8耐前にも関わらず、鈴鹿サーキットさまのお心遣いで

火曜日の午前中まで置かせていただけることになりました。

今日、川原は仕事を休んで鈴鹿サーキットに向かいます

日曜日の経過をお話しますと

日曜日のお話

うちの入ってる会社の保険会社で、事故をしていないから
長年ずっと使っていなくて毎年繰り返し更新
毎年、契約更新の問い合わせがくるので
毎年更新がくる度に、おすすめプランや
追加や変わったプランなどと目を通しています

目を通し続けて、20年以上
これまでに車の保険を使ったことはありません

保険会社で、JAF何キロか無料

弁護士料金負担や
レンタカー負担などのプランも入っています

何かがあったら電話と書いた名刺がありまして
ずっと持っていました

昨日ハイエースが壊れたので初めて
電話してみました

そしたら

ハイエースでサーキットを走っていますか?

いや、走っていません
運搬ですと

折り返し電話しますと言われ
折り返し電話があり

またハイエースでサーキットを走りましたか?

これを4度は折り返し電話で聞かれました

最終的には、鈴鹿サーキット中だから無理だと断られました

ハイエースでサーキット攻めたら横転してまうわっ(°Д°)
アホかっと言いたくなる電話でした

意味がわかりません
聞いてた友達も苦笑い

この保険駄目だなと思ったお話です

こういう流れで、鈴鹿サーキット事務所に友達のちーちゃんがお願いしてくれ置かせて貰えることになりました

ちーちゃん旦那さんには車を押してくれ

鈴鹿サーキットまで迎えに来てくれ、駅まで送ってもらいました。

ちーちゃん 旦那さま本当にありがとうございます(*^^*)
助かりました。

夜中に帰宅して、おかしいな?と思い

月曜日の朝に、うちの会社の保険会社に問い合わせメールをしました

返事が夕方に来て(写メール参照)
その対応があまりにも投げ捨てすぎるので

その返事に急遽、川原に電話をお願いしますとメール返しました

ロードサービスは何キロかは無料と契約書で目を通していてわかっていたのに

有料ですと言われたと川原からラインがきて

えっ?契約書と違うと思い

昨日仕事終わって帰宅して

今年の車保険の誓約書のを目を再度通しました

ロードサービスあるし、レンタカー費用、交通費や宿泊負担やら

あるやん…………

うちが、耳が聞こえていたら

保険会社に電話してやりとりが出来るのですが

電話出来ないので、ラインで川原に契約書写メール送ったりでした。

耳が聞こないのは、こういうのには不利だな(;´_ゝ`)

今日の朝にまた保険会社にメールをします。

今日、ロードサービスを使えないのかと

そして、帰宅と今日向かう交通費も降りないのかとも契約書の写メールを使ってやりとりをしてみます

契約書更新で、ちゃんと早急にメールを返してきたり会社の団体保険はおすすめですやらと

社内メールポストに入ってくるのですが

まさか、こういうやりとりになるとは思わなかった(;´_ゝ`)
ちゃんと、契約書に目を通してハンコ押して
給料引き落としにしています。
そんなに安くはないんだが……

んで、その後の対応で

普通は、お車はどうされましたか?
レンタカーはお借りしましたか?などの配慮は欲しかったのですがそれもなく

『このようなことがないようにします
あっさり、引き続き今後もどうぞよろしくお願いします』と斬り捨てメール

つまり、なにもしませんがお金だけは納め続けてくださいね~

としかとらえられない文章には大変に残念に思いました(;´_ゝ`)

皆さんも、保険会社には気を付けてください~

11月にまた更新してくださいメールがくるので
今日の対応次第と突っ込みところ満載すぎる

各地サーキットにて保険会社が対応してくれない恐れがありますので。

確認してみてください。

終わり

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAKASUGI NAOKO

Author:TAKASUGI NAOKO






いつも応援していただき本当にありがとうございます。

2018年シーズンは応援していただいています皆様のお陰で最後まで走りきることが出来ました。
本当にありがとうございました。

2019年体制を報告させていただきます。
「全日本ロードレース選手権」ではJ-GP3クラスに継続して年間フル参戦させていただくことにしました。
チームは「41Planning」です。
地方選手権にも、タイミングを見ながら出場していきたいと思っています。
2018年、地方選手権は全て表彰台に上がりました。
全日本ロードレース選手権では、予選成績は上々で上位グリッドに並べることが出来ました。
しかし決勝は不運なアクシデントに巻き込まれたり、マシントラブルなどで結果を残すことが出来ませんでした。
勝てるチャンスも幾度かありましたが、実際に目標を達成することが出来ませんでした。
応援してくださった皆様には、応えられなかったことが一番本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
あと一歩のところを、きっかけが掴めたら突き進められると思っています。
2019年、私は必ず目標を達成させたいと思っています。

全ては『勝つために』

 
応援してくださっている方々様に応えたい。
皆様、今年もどうか高杉奈緒子の大きな挑戦を応援していただけませんか。
少しでも応援していただけたら嬉しいです。
温かく見守っていただけたらなと思っています。
2019年も一生懸命がんばりますので、ぜひとも皆様方のご支援ご協力のほど、
よろしくお願い申し上げます。

2018・12 高杉奈緒子




ホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキの4大メーカーがある国・日本。
その日本におけるオートバイ・ロードレースの最高峰が「全日本ロードレース選手権」です。

私「高杉奈緒子」は耳が聴こえません。
音の無い世界で戦い続けています。
でも、そのレースに挑戦し続けています。
2007年に開始した挑戦は、2019年で13年目となります。
これはひとえに、皆様方のご支援の賜物だと感じております。
難聴であり女性であるという事実は、そのクラス分けがないレースの世界では大きなハンデとなるかもしれません。
でも前を向いて挑戦し続けた結果、ルマン24時間レース参戦と言う所までたどりつきました。
そしてアジアロードレース選手権という海外レースへのフル参戦も経験させていただきました。
海外レースへの挑戦も全日本ロードレースへの挑戦ともに記録を更新しながらも持続させていただいています。
最高峰ロードレースへの挑戦はOLである私の給料だけでは足りず、多くの方々に支えられて成り立っています。
2019年も頑張る高杉奈緒子をよろしくお願いいたします。






お世話になっております
スポンサー様リンク